I T 塾
-upskilling school-
ホームセミナーコースAboutusお問合せ
 
IT109は業界の3大常識にチャレンジします。
パソコン事務がデキる!コース
 
IT専門職になる!コース
システムエンジニアになる!コース
 
ビジネススキルコース
システムエンジニアになる!コース
なぜスクールに行ったのに現場で役に立たないんだー?
言い古された言葉かもしれません。
つい先日もある会社の専務さんからIT109に電話が来ました。
「学校に行かせたのに、社員がアクセスで業務ができなくて困っている。
だから、学校のテキストでなくて、こちらが問題を作って持って行かせてもよいか?」
他にも似たような話をよく聞きます。
IT系の学校は信頼されていないことが多いようです。
あまり評判のよくないIT系の学校。
長い時間と多くのお金を使ってスクールに通い、せっかく就職できたのに、数ヶ月で退社された方。
特に 異業種から転職された方が入社後すぐにリストラされるケースを耳にします。
そのような相談をIT109に持ち込む方が毎月います。
いったい何が原因でしょうか?
本人が怠慢なのでしょうか?
本人に能力がないのでしょうか?
答えは、NOです。
スクールに通った本人の「やる気」や「能力」の問題ではないのです。
主要な原因は 、スクールの3大常識にあるのです。
 
常識@知識重視
IT系のスクールも日本の学校教育のように知識詰込型の教育になっています。
学校での勉強は仕事であまり役に立たないのですが、IT系のスクールもそれに近いくらい現場で役に立たないという感想をお持ちになっている方が多いと思います。
ところで、出来る人とリストラされる人の違いは何でしょう?
両者をよくよく観察してみてください。
出来る人とそうでない人は、作業プロセスが異なります。
優秀な人は優れた作業プロセスを持っています。
そうでない人は、非効率的なプロセスで作業しています。
つまり、現場でいい作業できるかは、作業プロセスで決まるのです。
知識だけでは、いい仕事はできません。
これはプロ野球のTV観戦マニアが、試合でプレイできないのと似ています。
また、資格取得のための暗記型の勉強をしていても、即戦力には成り得ません。
ゆえに、IT109では優れた作業プロセスの修得を目指すのです。
 
常識Aやりっぱなし
高品質な成果物を作成できるスキルを身につけるためには、自分で作った成果物を先生にレビューしてもらい、どんどん改善していく必要があります。しかし、多くの学校では、個別指導と言えばビデオ自習形式、あるいはマンツーマンといえば同時に多くの生徒を個別に自習させ、質問があれば近づいて質問できるから「人対人」という意味で マンツーマンと呼ぶのが業界の常識です。
野球でもサッカーでも、選手の練習をコーチがチェックし、適切にアドバイスすることが欠かせません。
第3者の目で、選手を観察し、コーチングすることが非常に重要なのです。
オフィスワークのプロフェッショナルもプロのスポーツ選手と同じように、成果物をレビュー&改善しないと、高品質な成果物を作成できません。
だから、IT109では生徒の成果物をよくレビューするのです。
 
常識B時間稼ぎ
時間当たりの費用を低くするために、コースの総時間数を増やします。
そうすることで、受講料を変えずに1時間あたりの費用を低く感じさせることができるからです。
しかし、ある学校では、例えば、文字列コピーの暗記に1時間かけます。
同じ操作を何度も説明し、何度も繰り返し暗記させます。
このように5分もかからない事に沢山時間をかけることでコースの総時間数を増やすのです。
だらだら作業する癖がついてしまうと、業務で迅速に作業できません。
なお、通常、スクールでは、自分で本を読めば分かる知識についても、隅から隅までコースの中で教えます。
スクール側はコースの時間が増えていいのですが、関連情報は自分で学ぶ癖をつけていないと、継続的に成長していくことはできません。
AからZまで人から教えてもらう受動的な癖がつくと、依存的なマインドが身についてしまい、プロフェッショナルとして非常にまずいです。ずっとスクールや人から教わるわけにはいかないからです。
現場では、誰に聞いても分からない問題が次から次へと発生します。
つまり、自分で問題解決できるスキルを身につけておかないと業界でサバイバルできないのです。
だから、IT109は自分で継続的に学習していけるスキルの養成を重視するのです。
 
@知識重視    → ×即戦力
Aやりっぱなし  → ×品質
B時間稼ぎ    → ×スピード
 
という業界の3つの常識で、これまで失敗や後悔された方も多いかと思います。
だから、IT109は、以下の3点にこだわるのです。
 
@実務を想定した実習で優れた作業プロセスをマスター
A本当の1対1双方向指導で生徒の成果物をレビュー
B迅速に成果物を仕上げる作業プロセスをマスター
 
通常のスクールでは、本当に1対1で教えてもらうためには、1時間約1万円の受講料がかかります。
マンツーマンという言葉で誤解されている方が多いのですが、これは業界では「人対人」という意味です。
人に質問できればマンツーマンということです。
マンツーマンは業界では先生1名対生徒1名という意味ではありません。
しかし、本当に1対1だと、あなたの関心や疑問点について、双方向の会話ができます。
対話を通して、理解を深めることができます。だから、スキルの幅と深さが得られます。
IT109は、「man to man」でなくて、「one to one」です。
1対1(最大3名まで)の大変贅沢なプライベートレッスンで、格の違うスキルの域に到達してください。
 
コースにご興味をお持ちの方は、FAXにてお願いいたします。 03-4477-6779
 
 
 
 
(c) IT109